配当金実績

エクソン・モービル(XOM)から配当金を受領しました(2022年9月)

2021年6月14日

エクソン・モービル(XOM)はどれくらいの配当金をもらえるのでしょうか。

2022年9月の配当金単価は1株あたり0.88ドルでした。私の口座には総額15.68ドルが着金です。

XOMは39年連続増配中!

【配当受領額】15.68ドル(2022年9月)

2022年9月の配当金受領額は税引後15.68ドル(21株分)となりました。

「いきなりステーキ」でおいしいステーキが食べられそうです。

これまで受領した配当金の合計は149.93ドルになりました。

【配当金単価】0.88ドル(2022年9月)

配当単価は一株あたり0.88ドル(前年同月比+1.15%)でした。

2021年に連続増配がストップする見込みでしたが、最後に0.01ドル増配して39年連続増配となりました。

連続減配なし記録は73年となりました。

【配当利回り】5.90%(保有額ベース)

私の保有状況における配当利回りは5.90%と高配当です。保有するオイルメジャーでは最も利回りが良いですね。

年間見込配当金単価/米ドル3.52ドル
平均取得単価/米ドル59.66ドル
保有額における配当利回り5.90%
保有数量21株
税引前年間見込配当金/米ドル73.92ドル

XOMは株式分割による調整分を考慮すると、1983年から毎年増配してきています(39年連続)。

さらに1948年から73年連続「減配なし」です。

【含み損益率】+52.65%(保有額ベース)

私のXOMの運用状況は次の通りです。

保有数量 ※再掲21株
平均取得単価/米ドル ※再掲59.66ドル
総保有額/米ドル1,252.93ドル
含み損益/米ドル
(含み損益率)
+659.61ドル
(+52.65%)

爆損モービルと揶揄されていたのは、ついこの前の話です。

【直近の株価】コロナ前を飛び越え超回復(2022年9月現在)

原油高もあり、1月以降株価が急上昇しています。

TradingView提供のXOMチャート

コロナ前の株価を飛び越えて、買い増しにくい状況です。

一方で今回のコロナ蔓延により、テレワークが増えています。

通勤で車を使う人が減ってくることから、XOMの今後の経営戦略は少し気になるところです。

世界的に脱炭素の流れも進んでいるので、オイルメジャーの保有割合を上げる選択は取りづらいですね。

【投資回収率】13.22%

最後にXOMの投資回収率です。

投資元本に対して10%強の投資回収となっています。

含み益と合わせると60%以上の見込み利益出ていることがわかります。

お金は寝かすなというのが如実にわかりますね。

  • この記事を書いた人

のり

副業年収6桁|年間節約額6桁|平成生まれ地方会社員|令和元年生まれの子持ち|セミリタイアが目標|配当金情報とライフハックの記事を投稿します

-配当金実績