ライフハック 雑記

【カーシェア使い方】タイムズカーシェアはできるだけ給油するべき

2021年1月17日

タイムズカーシェアはガソリン代をどのように清算するのでしょうか。

今回はこの質問にお答えします。

タイムズカーシェアのガソリン代は、車に備え付けられた給油カードで支払います。

利用者がお金を払う必要はありません。

記事の内容

  • タイムズカーシェアで給油する方法
  • 給油をすることのメリット(給油割引)

私はこれまで公言してきている通り、タイムズカーシェアのステーション近隣に自宅を構えて、車を所有せずカーシェアを利用しています。

タイムズカーシェアを利用することで、累計70万円以上の節約になっています(2021年10月時点)。

最新の利用実績は以下のページを参照ください。

no image
カーシェア利用実績(2021年10月)

続きを見る

タイムズカーシェアで給油をする場合は、車に備え付けられた給油カードを利用します。

利用者が給油をした場合、給油割引により、30分相当の料金を利用料から割り引いてくれます(20L以上の給油を行った場合)。

もし、タイムズカーシェアで20L以上給油ができる状況にあったときは是非給油してから返却してください。

タイムズカーシェアで給油する方法

タイムズカーシェアで給油を行う場合、車のサンバイザーに保管されているクレジットカードでガソリン代金の支払いを行います。

タイムズカーシェアに設置されているクレジットカード

利用者が代金を建て替える必要はありません。

このため後日清算する必要もありません。

また、提携しているガソリンスタンドは5社です。

タイムズカーシェアは多くのガソリンスタンドと提携しており、便利ですね。

給油すると給油割引が適用される

タイムズカーシェアは、利用者が給油すると給油割引という割引制度が自動的に適用されます。(利用1回につき1度だけ)。

このときの割引額は30分相当の利用料金です(税込440円)。

他のカーシェアでは、

  • 給油した事実を自分で申告する必要がある
  • 割引額が15分相当と少額である

など、不便でメリットも小さいので給油する気になりません。

タイムズカーシェアは、割引額も大きく、自動で給油検知・割引適用まで行なってくれます。

利用者の手間が少ないので、能動的に給油したくなるような仕組みになっているのが特徴です。

利用している車のガソリン残量が少なくなっていたら、是非給油をしてください。

給油割引の適用条件

タイムズカーシェアでは給油割引が適用されない場合があります。

それは、パック利用のときです。

パック利用中及びパック延長利用中は、給油・洗車割引は適用されません。

タイムズカーシェアのサイトより

タイムズカーシェアの料金表を見てみましょう。

もうおわかりだと思いますが、給油割引が適用されない「パック料金」というのは、ナイトパックのみとなります。

したがって通常の利用に関しては、20L以上の給油をした場合は全て割引適用されます。

2019年以前は、日中帯でもパック料金の設定があったので、たとえ給油したとしても、給油割引が適用されていませんでした。

これが2019年10月に改定され、日中帯のパック料金が廃止。

パック料金は「ナイトパック」のみとなりました。

ベーシックタイプ料金表

より身近に制度を利用することができるようになりました。

本件は念の為、タイムズカーシェア事務局に確認しています。

事務局からの回答なので間違いないですね。

まとめ

タイムズカーシェアは利用中の車に20L以上の給油をした場合は、給油割引が適用されます。

2019年10月以降は、ナイトパック以外はすべて割引適用されることになったので、とても身近に利用できるようになりました。

割引額は税込440円分と比較的高額で、給油を自動検知・自動値引きしてくれるので、かなり便利に利用できます。

利用中の車のガソリンが少なくなってきたら、迷うことなく給油しましょう。

  • この記事を書いた人

のり

副業年収6桁|年間節約額6桁|平成生まれ地方会社員|令和元年生まれの子持ち|セミリタイアが目標|配当金情報とライフハックの記事を投稿します

-ライフハック, 雑記