節約術 雑記

【カーシェア使い方】タイムズカーシェアはできるだけ給油するべき

こんにちは。ボンドです。

私はこれまで公言してきている通り、タイムズカーシェアのステーション近隣に自宅を構えて、車を所有せずカーシェアを利用しています。

ボンドA++
ボンドA++

タイムズカーシェアの利用により、かなり家計が助かっています。最新の利用実績は以下のページを参照ください。

さて、タイムズカーシェアを利用するメリットのひとつに「給油割引」があります。

この給油割引は、利用中の車に20L以上の給油をした場合に利用料から30分相当の料金を割り引いてくれるお得な制度です。


このお得な制度は2019年10月のメニュー改定により、より身近な制度となりました。

もし、タイムズカーシェアで20L以上給油ができる状況にあったときは是非給油してから返却してください。


給油割引とは

給油割引とは

カーシェア利用時に給油して返却すると、利用料金が一部割引される仕組み。

https://share.timescar.jp/sp/use/gas-station.html

タイムズカーシェアの給油割引は利用1回につき1度だけ利用できる制度で、30分相当の利用料金が割引されます(税込440円)。

他のカーシェアでは、給油した事実を自分で申告する必要があって面倒だったり、割引額が15分相当でメリットが少なかったりしますが、タイムズカーシェアの場合は自動で給油を検知・割引の適用まで行なってくれるので、利用者の手間が少ないのが特徴です。

ボンドA++
ボンドA++

これで440円割引してくれるなら使わない手はないですね。

利用している車のガソリン残量が少なくなっていたら、是非給油をしてください。


給油割引の適用条件

タイムズカーシェアの給油割引は、実際に給油しても割引適用されない場合があります。

それは、パック利用のときです。

パック利用中及びパック延長利用中は、給油・洗車割引は適用されません。

タイムズカーシェアのサイトより

タイムズカーシェアの料金表を見てみましょう。

もうおわかりだと思いますが、給油割引が適用されない「パック料金」というのは、ナイトパックのみとなります。

したがって通常の利用に関しては、20L以上の給油をした場合は全て割引適用されます。

タイムズカーシェアを2019年以前から利用されている方は疑問に感じる方もいらっしゃると思いますが、これまでは6時間以上の長時間利用の場合は、パック料金が設定されていました。

なので、日中帯で6時間以上をパックで利用する場合は、たとえガソリン残量が少なくなり給油したとしても、割引適用されていませんでした。

これが、2019年10月のメニュー改定によりパック料金の対象が「ナイトパック」のみとなりました。

ベーシックタイプ料金表

このおかげで、日中帯での6時間以上の利用の場合にも給油割引が適用されることとなり、より身近に制度を利用することができるようになりました。

ボンドA++
ボンドA++

ガソリン残量が少ない車に乗っている場合は給油したほうがお得です。

実際にカーシェア事務局に確認してみました。

すると以下のように回答があったので間違いありません。

タイムズカーシェアでの給油方法

タイムズカーシェアで利用中の車に給油を行う場合、対象のガソリンスタンドで給油を行います。

給油ができるガソリンスタンドは以下となります。

給油料金の支払いは、車のサンバイザーに保管されているクレジットカードで支払いを行います。

タイムズカーシェアに設置されているクレジットカード

自分で支払う必要がないのも、地味にありがたいですね!

まとめ

タイムズカーシェアには利用中の車に20L以上の給油をした場合は、給油割引が適用されます。

特に2019年10月以降は割引の適用範囲がナイトパック以外はすべて適用となったので、とても身近に利用できるようになりました。

割引額も税込440円分と、利用頻度が高いとかなり助かります。

利用中の車が給油できるときには是非給油してください。

ほかの配当ブログ・サラリーマン投資家ブログを探す場合は以下をクリック!

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 
  • この記事を書いた人

ボンドA++

▶平成生まれ地方会社員▶配当金収入2020:月1万円▶配当金収入2021:年10万円超(現在)▶令和元年生まれの子(♂)持ち
▶2012年 外国為替スタート▶2013年 国内株式スタート▶2019年 米国株式スタート▶2020年 配当金が税引後月1万円を突破

-節約術, 雑記