【配当金実績2021年5月】15,157円 1位はAT&T

運用実績配当金実績
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  ブログランキングへ 
Ad

【配当金収入】2021年5月分:15,157円

2021年5月は10銘柄から配当金を受領、合計で税引後15,157円の配当金収入でした(為替レート100円/USD)。

みなさんお勤めご苦労さまでした。


前年比約2倍の配当金受領となりました。にやにやです。

ボンドA++
ボンドA++

6月は日本株やSPYDからの配当金があり、過去最高額を更新する見込みなので誤ってヨダレが出てしまうかもしれません。


【2021年5月配当受領額ランキング】1位はAT&T

1位 AT&T:3,668円(36.68ドル)

1位はAT&T(ティッカーシンボル:T)でした。

通信業界の世界最大手です。先日ワーナーメディアのスピンオフを発表して投資家界隈をざわつかせたのも記憶に新しいですね。


Tはワイヤレスサービスの加入者数が1.8億契約と日本の人口よりも多い加入者数を持っています。

ストックビジネスの契約が1.8億もあるというのは、それだけで安定した経営が期待できそうです。


なお、参考までに保有銘柄がスピンオフした場合、特定口座で保有している株式は一般口座に移され、スピンオフにより追加付与される株式も一般口座に割り当てられるので注意が必要です。


面倒だと思われる方は、スピンオフ前に売って、スピンオフ後に再度買い戻す方が良いかもしれません。


2位 コニカミノルタ(T:4902):2,696円

2位は日本のオフィス機器メーカー、コニカミノルタでした。

コニカミノルタは2019年の業績低迷により、株価が大きく毀損。一時は200円台まで下がりましたが、現在は600円台とだいぶ戻ってきました。


わたしがコニカミノルタに期待するのはバイオヘルスケア事業のプレシジョン・メディシンです。

遺伝子検査により、患者個々の特性を踏まえて、一人一人に最適な投薬・治療を行うことを目的としており、最終的には社会保障費の削減が期待されています。


社会に役立つ取り組みに応援もできるということで、200株買っています。


3位 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI):2,449円(24.49ドル)

3位はイギリスのタバコ銘柄BTIでした。

イギリス銘柄のADRなのでアメリカの現地課税10%がかからないというメリットがあります。


連続増配は見込めませんが、配当利回りは7%超と高配当です。

米国個別株での保有額がAT&Tに次ぎ、第2位ということで、良い金額が入ってきています。


その他配当:6,344円

その他は以下の配当金でした。

みなさんお勤めご苦労様でした。

アルトリア・グループ(MO)      ¥2,397
iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)  ¥1,074
ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)¥757
アッヴィ(ABBV)¥749
HSBCホールディングス(HSBC)¥626
TTW¥92
投資信託(J-REIT)¥649
2001年想定為替レート100円/USD

【目標に対する進捗率】27.41%

2021年配当目標に対する5月末時点の進捗率は、27.41%(前月:19.83%)と前月比で約7.58%増となりました。

運用資産と比べると配当実績は順調に推移しているように思います。


6月は日本株や保有額1位のSPYDからの配当金受領を予定しています。

毎年楽しみな月がやってきました。

ボンドA++
ボンドA++

ブログランキングに参加しています!記事が参考になったという方はどれでも良いのです下のボタンを押してもらえると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  ブログランキングへ
Ad
ボンドA++をフォロー
平成生まれのセミリタイア-ボンドA++

コメント

タイトルとURLをコピーしました