セミリタイアをイチから目指すなら、我慢が必要

日記
この記事は約3分で読めます。
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  ブログランキングへ 

こんにちは。

「セミリタイア」というキーワードの検索数はこの数年で4~5倍に増えてきています。

それだけ多様な働き方が認められる世の中になってきたということですね。一昔前では考えられない変化と思います。

わたしも就職するときは、転職なんて全く視野に入れていませんでしたが、今では政府でさえ転職市場を活性化させようとしています。

そんな世の中だからこそ、セミリタイアという考え方も一定の支持を受けているのでしょう。


ちなみにわたしが新卒の時期は「ブラック企業」という言葉がトレンドワードになったときで、一生勤める会社だから、いかにブラック企業を避けて就職するかが鍵で、それが就職先を選ぶ上で大きなポイントになっていました。


もし当時のわたしが「セミリタイア」という考え方に触れていたら、もう少し違った観点で就職先を選んでいたのでは?と今更ながらに感じています。


セミリタイアは行動し始めるのが早ければ早いほど、加速度的にその実現可能年齢が早くなっていくので、

だからこそ、わたしのように

「あのときセミリタイアを知って行動を始めていたら」

そう考えてしまうことは、理解に容易いことですね。


しかし、だからといってそれを取り戻すかの如く焦ってしまうことは、余計にセミリタイアから外れた道を歩くことになります。

特にその焦りから始めるレバレッジ投資は成功したという話を聞いたことがないです。


焦りは心の動揺を生みます。心の動揺は正常な判断を鈍らせます。正常な判断が鈍ると予期せぬ行動を取ってしまいます。その結果は、買うべきではないところで買い、売るべきでないところで売ってしまう、投資で失敗する典型ですね。

これは完全に市場にのまれており、気づけば資金がなくなっていた。そんな話はよく聞く失敗談です。

ボンドA++
ボンドA++

かくいうわたしも、過去にかなりの金額を市場に捧げています。

焦る気持ちは理解できます。増えない配当に含み益、思いとは裏腹に伸びる含み損。毎日数字が変わらず悶々。


そんな思いが出るのは当然。でも、セミリタイアを目指すのに大事なのは、

そこを我慢するチカラ

それが普通のサラリーマンがセミリタイアできる大きなポイントになるはずです。

売買のタイミングを予測できない限りはそれが最善。焦りは禁物。地道に一歩ずつ。

それがセミリタイアにむけた最短距離だと思います。


さて、本日の資産の状況です。土曜日に続いて2日連続プラスでした。

2021年4月26日現在

日本株 ¥897,200(前日比+0.46%)

米国株(ETF含) ¥3,166,995(前日比+0.08%)

アセアン株 ¥244,680(前日比+0.04%)

投資信託 ¥749,369(前日比+0.93%)

合計 ¥5,058,244(前日比+0.27%)

ボンドA++
ボンドA++

ブログランキングに参加しています!記事が参考になったという方はどれでも良いのです下のボタンを押してもらえると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  ブログランキングへ
Ad
ボンドA++をフォロー
平成生まれのセミリタイア-ボンドA++

コメント

↓トップページへ↓

トップページに戻る場合は以下の「平成」をクリック

タイトルとURLをコピーしました