仕事は自分の欲求を満たすための手段

日記雑記
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 

こんにちは。

入社してすぐはあまりの仕事のつらさに、仕事って何のためにするのか?とよく考えたものですが、最近はその仕事の目的について、実体を捉えられつつある気がします。


Ad

仕事は自分の欲を満たすための手段

これまでは「何のために仕事をするのか?」と考えると、漠然とお金のため(家族を養うため)と自分を納得させていましたが、考える度になんとなく腑に落ちない感じが否めませんでした。


しかし、最近は徐々にそれも腹落ちする解釈ができるようになってきた気がします。


それは、

仕事は自分の欲を満たすための手段

ということです。

どういうことかというと、


人間の欲求は、以下図のようではないかと考えています。

まず、基本的な欲求として生理的欲求が存在します。これは生きるためにエネルギーを摂取したい(食欲)、体力回復のために寝たい(睡眠欲)など、誰しもが持っている欲求であり、この欲求が満たされないとそれ以外の欲求は湧いてこないとされています(マズローの欲求5段階説)。

この生理的欲求が満たされると、

・美味しいものを食べたい(美食欲)

・知らないものを知りたい(知識欲)

・人から認められたい(承認欲)

・人と繋がっていたい(所属欲)

・目標を達成したい(達成欲)

・楽しいことをしていたい(享楽欲)

などの様々な欲求が登場してきます。わたしは人が自分の個性に合わせて、これらの欲求のうち、どれを優先するか選択すると考えています。

ボンドA++
ボンドA++

これはマズローの欲求5段階説をもとに私なりの解釈で人間の欲求を捉えたものです。世間一般に出回っている人間の欲求とは異なることをご了承ください。


わたしの優先は美食欲と知識欲と少しの所属欲

先の考え方において、わたしは美食欲と知識欲そして少しの所属欲を優先する性格だと認識しています。

家族と仲良く暮らし(所属欲)、美味しいご飯を食べて(美食欲)、訪れたことのない外国に行く(知識欲)、そうすることでわたしの欲求は満たされると感じています。


しかしこれらの欲求を満たすためには、いずれもお金が必要になります。

つまり、私が思っていた「仕事の目的はお金」という背景には、美食欲・知識欲・所属欲を満たしたいという人間としての欲求があり、その欲求を満たすためにお金が必要で、だから仕事をすると解釈しています。


人によって優先する欲求は千差万別

わたしの場合、優先する欲求は美食欲・知識欲・所属欲でしたが、他の人にとっては全く別のものになると思います。

わたしの会社で見ても、この人は達成欲や承認欲が強いなとか、享楽欲が強いなとか、本当に人それぞれです。

仕事で優秀な成績を残したい。働く時間はできるだけ短くしてプライベートを充実させたい。いろんな理由があると思います。

ただどんな理由にせよ、根底には「人間としての欲求を満たしたい」という元来の気持ちがあるという点は、誰しもがもつ「仕事の目的」なのかと思っています。


なので、私が思う仕事の目的は、人間本来の欲求を満たすための手段、ということが答えなのかなと考えるようになっています。


さて本日時点の資産です。米国株が少しだけ上昇していました。市場はクローズなのになぜ…?

2021年3月21日現在

日本株 ¥1,039,790(前日比―%)

米国株(ETF含) ¥3,077,128(前日比+0.04%)

アセアン株 ¥159,044(前日比―%)

投資信託 ¥670,488(前日比―%)

合計 ¥4,946,450(前日比+0.02%)

ボンドA++
ボンドA++

ブログランキングに参加しています!記事が参考になったという方はどれでも良いのです下のボタンを押してもらえると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 
Ad
ボンドA++をフォロー
平成生まれのセミリタイア-ボンドA++

コメント

タイトルとURLをコピーしました