【運用実績2020年11月】年間目標運用額進捗率84.0%

運用実績
この記事は約3分で読めます。
Ad

【市況】大統領選前の利益確定売りか?

ダウ工業株価(直近3ヶ月)

NASDAQ(直近3ヶ月)

S&P500(直近3ヶ月)

日経平均株価(直近3ヶ月)

10月を振り返ると、相場は特に後半にかけて下落傾向となりました。

11月頭に大統領選が控えていることから、ハイボラリティを懸念した利益確定売りが出たのでは?と推測します。


また欧州のコロナ感染再拡大でコロナ第2波か?という見方もできるので、予断は許せませんね。


【運用資産計画進捗率】83.1%→84.0%に増進

このような相場のもと、10月の運用資産は計画値に対して0.9%進展し、84.0%となりました。

10月はコロナ第2波への懸念と個別株の削減を目的にいくつか銘柄売却を行っています。

その資金でETF等、今後増やしていきたい銘柄をいくつか購入しました。

そのため、トータルで見れば微増で推移することとなっています。


【全体ポートフォリオ】大きな変化なし

少しだけ銘柄をいじりましたが、大勢に影響はありませんでした。

投資全体のポートフォリオとしては日本株が最も多い32%。ETFが25%、アメリカ株が24%と続きます。


【国内株ポートフォリオ】変化なし

7月以降日本株は手を付けていません。

KDDIも続落してますし、イオンも下がってきています。ボーナスのタイミングでどちらかがいい値段まで下がってきたら買いたいですね。


【世界株ポートフォリオ】大きな変化はなし

世界株のトップは相変わらずAT&Tです。

BTIもだいぶ増えてきました。

米国株を始めた当初はオイルメジャーが上位でしたが、相次ぐ減配からタバコ銘柄が台頭してきています。

原油価格も復活してきていまるのでRDS-Bあたりは増やしていきたいとは思いますが…


また、12月に向けて税金対策のために含み損筆頭のHSBCなどを損出しするよう、コントロールしていこうと思います。


【ETFポートフォリオ】全体的に増

ETFは全体的に増です。SPYD、VYM、PFFを購入しました。

VTIは含み益のうちにいくつか利確。しかし今後も株価が伸びていく銘柄だと思うので、第2波等で値下がりしたらまた買い直します。

【SPYD】139株(前月 137株)

【VYM】36株(前月 32株)

【PFF】73株(前月 71株)

まとめ

10月は少しばかり銘柄整理を行いました。

とは言え深く考えているわけではなく、雰囲気で売り買いしています。

大きな方向性としてはインデックス中心に個別をサテライトが目指していこうと思っています。

特に年末は損だしで税金対策を兼ねれるので、11月はもう少し調整するかもです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Ad
ボンドA++をフォロー
ボンドA++の節約術と投資術

コメント

タイトルとURLをコピーしました