【運用実績2020年9月】年間目標運用額進捗率82.1%

運用実績
この記事は約3分で読めます。
Ad

【市況】ハイテク産業を筆頭に株高進行

ダウ工業株価(直近3ヶ月)

NASDAQ(直近3ヶ月)

S&P500(直近3ヶ月)

日経平均株価(直近3ヶ月)

8月の相場は、全体的に右肩上がりでしたね。

NASDAQやS&P500は山登りの最中で、このタイミングで資産が大きく増えた方もかなりいらっしゃるのではないでしょうか。


【運用資産計画進捗率】79.1%→82.1%に増進

このような相場のもと、8月の運用資産は計画値に対して3.0%進展し、82.1%となりました。

コロナショックで大きな下落を見せた半年前に、スピードを上げて資産投入しましたので、最近は徐々に鈍化していっています。

投入できる余力がなくなってきたのもありますが、まだコロナが収束しない中の株高に、少し手が出しにくいという感覚も感じています。

とはいえ、今年の目標はなんとか達成したいので、狙いは12月ボーナスでしょうかね。


【全体ポートフォリオ】大きな変化なし、カナダを少量追加

投資全体のポートフォリオとしては7月から変化なく、日本株が最も多い33%。

8月にシンガポールテレコムを買い増ししたので、シンガポール株が1%増加しました。

日米と比較するとまだまだ少ないですが、アセアン銘柄も割合を増やしていきたいですね。


【国内株ポートフォリオ】変化なし

7月に続き8月も日本株に手を付けていないので変化なしです。


最近日本株は配当狙いではなく優待狙いが良いような気がしてきています。

今回のコロナショックで日本企業の増配意欲かなり残念な印象を感じ取ったためです。今後は考え方を変えていこうかと思っています。

近いうちにポートフォリオの再編があるかもしれません。


【世界株ポートフォリオ】大きな変化はなし

世界株のトップは相変わらずAT&Tです。


細かな変化を言えば、ファイザーを少し売却しました。管理を容易にするために、今後個別銘柄の数を減らしていこうと考えていますので、含み益が出ているうちに売却です。

出来れば世界株だけで10銘柄ぐらいまで絞りたいですね。


【ETFポートフォリオ】徐々に増加

ETFは少量ながらSPYDとPFFを追加しました。そして、VWOを売却です。

当面ETFはSPYDにPFF、VYMを中心に購入を進めます。VTIは安くなれば増やそうかなと言う感覚です。

【SPYD】137株(前月 134株)

【VYM】32株(前月 32株)

【PFF】68株(前月 66株)


まとめ

8月は株高が進行し、やや買いにくい局面でした。このためわ、資産投入のスピードも鈍化しました。

目標値まで残り18%をどのように達成するか、鍵は最終月12月のボーナス投入になりそうです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Ad
ボンドA++をフォロー
ボンドA++の節約術と投資術

コメント

タイトルとURLをコピーしました