【配当金実績】2020年5月受領分:7,883円 1位はイオンモール

配当金実績
この記事は約3分で読めます。

4月中旬から上昇に転じた株価は5月も継続して上昇。私の含み損もだいぶ解消され、▲7%までに減少しました

4月1日時点が▲28%、5月1日時点が▲19%でしたのでどんどん含み損が解消されていっているのがわかります。


一方配当金を見ると意外だったのですが、5月が過去最高額の配当金となりました。6月は日本株の配当金受領があるのですぐに追い抜かれると思いますが、つかの間の栄華です。


Ad

【配当金収入】2020年5月分:7,883円

2020年5月の配当金収入は税引後7,883円でした。

5月は今年の3月に記録した自己最高額7,872円を抜き、トップの配当金額となりました。


昨年度比は827%です。配当金(=不労所得)がどんどん増えていることを実感できますね。


【配当受領額ランキング】1位はイオンモール

※全て1ドル=100円で算出しています。

1位 イオンモール:1,594円

1位は2020年日本株で最初に配当金入金されたイオンモールでした。


イオンモールは私の平均取得単価でみると、配当+優待合わせて利回り3.8%になる隠れ高利回り銘柄です


業績はアジア展開が好調でしたが、コロナの影響でダメージが大きそうです。配当など維持してくれれば良いですが。

そろそろ優待券が届くはずなので、それは楽しみですね。


2位 AT&T(T):1,355円(13.55ドル)

2位は私の保有する個別銘柄で最も割合の大きいAT&Tでした。


AT&Tは私の平均取得株価では、配当利回り6%超と大活躍してくれている銘柄です。


通信サービスというストックビジネスに裏付けられた安定的な経営が期待でき、今も継続する連続増配記録35年が輝きます。


まだ株価が安い位置にいるので、これからも増やしていきたい銘柄です。


3位 アルトリア・グループ(MO):1,316円(13.16ドル)

3位は高配当筆頭のタバコ銘柄アルトリア・グループです。LarkやMarlboroなどが有名ですね。


私の平均取得株価では、配当利回りが驚異の8%超です。


周りに喫煙者が結構いるのですが、コロナの影響関係なくぷかぷか吸っているところを見ると安心して保有できる気がします。


その他配当

その他は以下の配当金でした。

BTI  956円(9.56ドル)
PFF  667円(6.67ドル)
BGS  642円(6.42ドル)
VZ   523円(5.23ドル)
ABBV 425円(4.25ドル)
TTW  87円
投資信託 318円

5月は配当金を出す銘柄が多く、何度もにやにやしながらエクセルを更新できました。単純に楽しかったです。

配当金の受領額も徐々に増えてきており、一歩ずつですがセミリタイアに近付いていることを実感できます。


【目標に対する進捗率】22.5%→35.2%

2020年目標に対する5月度の進捗率は12.7%前進し、35.2%となりました。


6月は待ちに待った日本株の配当金が受領できる月です。見込みでは一気に60%は超えるはずなのですが、計算すると面白くないので、実際の入金を待ちます。

セミリタイアまで徐々に徐々に。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Ad
ボンドA++をフォロー
ボンドA++の節約術と投資術

コメント

タイトルとURLをコピーしました