【運用実績】2020年6月ポートフォリオ:2020目標運用額進捗率70.6%

運用実績
この記事は約4分で読めます。
Ad

【市況】4月からの上昇トレンドが5月も継続

【ダウ工業】4月終値より+1,000ドル

5月のダウ工業平均株価は、25,383ドルで取引を終えています。

3月終わりから徐々に上昇しはじめた株価は5月を迎えても上昇継続。底値だった3月24日の18,213ドルからは7,100ドルも値上がり、4月終値(24,345ドル)からも1,000ドルの上昇を見せています。


4月から投資を始めた人は含み益も多く出ているようでうらやましい限りですが、こればっかりは運の要素も否めないので仕方ないですね。


【NASDAQ】4月終値より+600ポイント

NASDAQ総合指数は4月終値(8,889ポイント)から600ポイントの上昇です。

コロナショックではハイテク産業が存在感を示しましたが、5月は比較的穏やかな上昇でしたね。


【S&P500】4月終値より+130ポイント

S&P500指数は3,044ポイントで5月の取引を終えています。4月終値からは130ポイントの上昇ですが、年初来安値と比較するとそのポイントは1.5倍になっています。

コロナの終息が見えない現在でここまで上昇するのは少し怖さもありますね


【日経平均株価】4月終値より+1,700円

日経平均株価は、4月終値(20,193円)から約1,700円の値上がりで米国指数と同じく上昇しています。特に5月終盤にかけての上昇はかなり大きく、私の含み損も大幅に減少しています。

日本株は完全に上昇トレンドを形成していますが、コロナの第2波が来たらどのような動きを見せるのでしょうか。油断は禁物です。


【運用資産計画進捗率】67.5%→70.6%に増進

世界の指数が軒並み上昇する中で、5月の運用実績は計画値に対して3.1%進展し、70.6%となりました。

2・3・4月と比較すると進捗率の伸びは鈍化しています。コロナ終息が見えてこない中での株価上昇だと積極的な買いは入れづらい状況ですね。


残り7ヶ月で29.4%の増加を目指します。


【全体ポートフォリオ】変化なし

(左)5月/(右)6月

5月のポートフォリオ(左)と比べると、以下のような変化がありました。

【国内株】▲4% 【米国株】+2% 

【米国ETF】+2% 【ASEAN株】▲1%

【投資信託】+1%

国内株は一部損切りしたので減少しています。米国株・米国ETF・投資信託は毎月買い付けを行っているので、割合が増えています。


【国内株ポートフォリオ】RIZAPの損切り

(左)5月/(右)6月

5月はRIZAPの損切りを行いました。


RIZAPはM&Aの失敗で大きく株価が棄損していましたが、事業整理が行われており、本業はこれからも伸びるだろうという想定で購入・継続保持していました。

しけし、今回のコロナで本業の見通しが全く立たなくなったと考えて損切です。売却資金は別銘柄の購入に充てます。


そのほかパーク24が購入時から1.5倍近くになっており、含み損の解消に大きく貢献しています。インカム狙いなので株価を意識することはナンセンスですが、含み益が増えるのは単純に嬉しいですよね。


【米国株ポートフォリオ】IOTSを全売却、WBK・HSBCを一部売却

(左)5月/(右)6月

4月より銘柄調整に入っています。4月のBGSに続き5月はIOTSを売却しました。


IOTSはウエラブルデバイスに最適な半導体を作っているメーカーで、GEやジョンソンエンドジョンソンなど大手メーカーに直接製品を納入しています。

この2月にダイアログセミコンダクター(英)に買収されることが発表されめした。買収総額は5億ドル、一株12.55ドルで取得されるとのことでした。


このIRにより株価が大きく上昇しましたが、私は買収予定株価に近くなったので早めの売却をしています。


ほかにも当面無配を発表したHSBCやWBKも一部売却しました。コロナショックが落ち着いたら残りを売却しようと思っています。


【ETFポートフォリオ】SPYD、VYM、PFFを均等に買い増し

(左)5月/(右)6月

SPYDとVYM、PFFを均等に増やしました。

これらのETFは毎月少しずつ増やしていこうと思うので、株数も記録しておきます。

【SPYD】 102株 【VYM】25株 【PFF】54株


まとめ

5月は好調な市況を背景に2月~4月と比較すると買い付け額は鈍化しました。


コロナが完全に終息していない現在では、この株価上昇もプチバブルのような相場なので少し買いづらい状況ではあります。

2番底が来ればまた買い付け額を増やしますが、このままの相場であれば通常営業に戻すのがよさそうですね。


6月は下がった株を少しずつ拾っていき、当面は慎重に買付を行っていこうと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Ad
ボンドA++をフォロー
ボンドA++の節約術と投資術

コメント

タイトルとURLをコピーしました