【節約術/年間▲1.8万円】はるやまのi-Shirt(アイシャツ)はアイロン不要の優れ物!

節約術
この記事は約5分で読めます。

私は仕事柄、ワイシャツを平日5日間着用しており、毎週日曜日にまとめてアイロンをするというのが日課になっていました。

しかし、仕事が忙しくなるとすぐにクリーニングに出して1枚200円、毎週1,000円の出費が発生することも多く、もったいなさを感じていました。


そんな中、はるやま商事が販売するi-Shirtに出会い、これまでのワイシャツ事情が一変。アイロンをかけることがなくなり、クリーニングに出すこともなくなりました。

完全ノーアイロン アイシャツ|ビジネススーツ・スーツのはるやま オンライン【公式通販】
人気の完全ノーアイロン アイシャツのペー&#12472...

i-Shirtは一度買えば面倒臭さゼロお金も節約になるということでとてもおすすめです。

今回はそのi-Shirt購入による節約術の紹介です。

Ad

はるやまのi-Shirtはアイロン不要の優れ物

i-Shirtは、はるやま商事が手掛ける「完全ノーアイロン」のワイシャツです。

2020年4月現在では、小倉優子さんがイメージキャラクターを務めていますね。

これまでもいろんなスーツメーカーがノーアイロンのワイシャツを販売していましたが、洗濯するとシワが目立ち、結局アイロンが必要になることも多く、よく騙されたと思ったものです。

一方で、はるやまのi-Shirtは本当にアイロンが不要で、私はi-Shirtを買い始めて以降一度もワイシャツにアイロンをかけていません

それどころかクリーニングにも出しておらず、洗濯して乾けばすぐにそのまま着られるということで、これが本当にストレスフリー


以下の写真が、実際に洗濯機で洗って乾いたあとのi-Shirtです。

写真で見ると多少のシワが見えますが、実際に着てみると、伸縮性が高いためかほとんどシワが目立ちません

アイロンなし、クリーニングなしでこの仕上がりのため、クリーニング代の節約にもなるから満足度がとても高い商品です。

i-Shirtの節約効果を試算してみたら年間▲1.8万円の節約になった

満足度の高いi-Shirtですが、価格は一枚4,000円程度と一般的なワイシャツより少し割高です。

イオンなどの大手小売店が販売する一着1,000円のワイシャツなんかと比較すると少し手を出し辛い価格帯ですね。

しかし、i-Shirt購入による節約効果を試算してみると、クリーニング不要という最大のメリットから、長期的に見れば得をする結果になりました。

以下、試算のための前提条件です。

通常のワイシャツ価格:1,000円

i-Shirtの価格:4,000円

通常のワイシャツの耐久性:6ヶ月程度で交換

i-Shirtの耐久性:同上

保有枚数:5枚

利用頻度:1週間で5枚

クリーニング代:200円/枚

私が使用しているi-Shirtは1年以上使えているものも多く、耐久性は比較的高めですが、今回の試算では厳しめにみて6ヶ月の耐久性とします。

比較対象のワイシャツは、1枚1,000円の格安ワイシャツとします。格安ワイシャツはすぐダメになるものも多いですが、i-Shirtと同等の耐久性とします。

またそれぞれ5着保有している前提で、1日1着週5着利用、毎週クリーニングに出すという条件で試算します。

その結果、7か月目までは一進一退ですが、それ以降はi-Shirtsを利用する方が節約になる結果となりました。

具体的な数値としては1年間で▲1.8万円2年間で▲3.6万円節約可能です。

私の場合は、i-Shirtを購入して以降、1年間一度も取り換えることなく利用できているので、もっと節約になっていると思います。やっぱりi-Shirtは節約になりそうですね。

クリーニングを活用すると襟が詰まるデメリットがある

さらにクリーニングを使うと、ワイシャツの襟がすぐに詰まってしまい、取り換えが必要になってしまいます。

それは、クリーニングで使用されるプレス機が原因のようです。

https://www.tokyo929.or.jp/m/column/washing_cleaning/post_141.php

ワイシャツに使用されている接着樹脂がプレス機の熱で溶け、その後その樹脂が固まることで襟が詰まるようです

私の場合、3ヶ月クリーニングに出し続けて襟がつまってしまい、ワイシャツの総取り替えを幾度となく経験しています。


その点、i-Shirtは洗濯して干すだけなので、クリーニングで発生する接着樹脂の問題もないため、首詰まりが発生しません。この点においてもi-Shirtに軍配、さらに節約になっていそうです。

i-Shirtの唯一の弱点「伝線」

良いところばかりのi-Shirtにも弱点があります。

それが「伝線してしまうこと」です。

洗濯するにあたり何かに引っかかってだと思うのですが、気がつくと伝線しており、早いものだと3ヶ月程度でダメになってしまったものもありました。

ただ、私の場合は上着を着るので、伝線してもその部分は隠すことができ、そのまま使い続けられています。

気になる方にとっては節約効果は薄くなるかもしれません。

まとめ

私は普段仕事で使うワイシャツを、はるやまの「i-Shirt」に替える節約を行っています。

i-Shirtは完全ノーアイロンということで、本当にアイロン不要・クリーニング不要の優れものです。

通常のワイシャツよりも少し高価ですが、クリーニングを使わなくてよい分、長期的に見れば節約になります。

試算すると年間▲1.8万円の節約という結果でした。

私の場合は、試算した結果より実際にはもっと節約できていることが想定されており、節約効果高めの節約術です。

この節約を実践するためには、i-Shirtの唯一の弱点である「伝線してしまうこと」がポイントになると思いますので、気にしない方だとかなり節約になると思います。

はるやまのi-Shirtは本当におすすめですので、ぜひ買ってみてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Ad
ボンドA++をフォロー
ボンドA++の節約術と投資術

コメント

タイトルとURLをコピーしました