【運用実績】2020年2月のポートフォリオ

運用実績
この記事は約4分で読めます。

新年を迎えて1ヶ月経過です。

今年1月の市況は出だし順調でしたが、後半にコロナウイルス拡散が報道されると一気に下落傾向になり、各指数ともに年明け当初の値に戻ってきています。

Ad

【ダウ工業株価】上昇株価がウイルス起因で調整

yahoo! finance より ダウ工業株価

17日の29,379ドルをピークに下落しています。3万ドル乗らなかったですね。

WHOの緊急事態宣言、米国務省による中国渡航回避勧告などを受け、1月31日時点の終値は28,256ドルと下げ幅が拡大しています。

【S&P500】 上昇株価がウイルス起因で調整

yahoo! finance より S&P500株価

S&P500指数も1月22日につけた、3,337ドルをピークに下落。1月31日の終値は3,225ドルと1月6に以来の安値をつけています。

【日経平均株価】 上昇株価がウイルス起因で調整

yahoo! finance より 日経平均株価

日経平均株価もダウやS&P500と相関した動きを見せており、1月17日に24,115円をつけたあと下落して、1月31日の終値が23,205円まで下げています。

【運用計画進捗率】56%まで急伸

1月後半の下げを利用して、毎月の投資元本追加額をいつもの倍近く突っ込みました。そのため運用資産が急増、2020年目標値(運用資産額480万円)に対して、進捗率56%(月初より+20%)まで来ました。

運用資産が多ければ多いほど、(計算上は)配当収入が多くなるので、1月のような下げ相場が続くときには、多めに資金を突っ込んでいきたいですね。

【全体ポートフォリオ】投資信託以外は順調増

運用資産のポートフォリオは以下のように変動しています。左が1月1日時点、右が2月1日時点です。

1月のポートフォリオ(左)と比べると、国内株+1%、米国株±0%、米国ETF ±0% 、ASEAN株+1%、投資信託▲2%という結果でした。

運用資産の絶対値で言うと、投資信託以外は増加しています。

投資信託は、 利益が出ているうちに 信託報酬が高いものを売却しました。利益額は小幅でしたが、信託報酬1%を超えていたので、「運用益が1%減るのと同義」と解釈しカットです。

【国内株ポートフォリオ】2銘柄追加

国内株のポートフォリオは以下のように変動です。 左が1月1日時点、右が2月1日時点です。

JTと三菱ケミカルを購入しました。両社とも下がったタイミングで買ったのですが、やはりまだ下げは継続です。

三菱ケミカルは納得のいく金額で買えたので下げても良いですが、JTは本来2000円で購入する予定だったので、下げると動揺が走りますよね。乗り遅れまいとという気持ちが先行してしまいました。

ただ、高配当には変わりないので、ひとまず経過を見守ることとします。

【米国株ポートフォリオ】2銘柄売却、XOMを中心に買い増し

米国株を2銘柄売却しました。売却したのは「GE」と「IBM」です。

GEは不正会計疑惑を受けて、大きく下げたタイミングで購入しましたが、反発が限定的と判断しリスクヘッジのために売却

IBMも業績が低迷で軟調な株価が継続、含み損を抱えることになったのですが、RedHatが思いのほか業績を下支えしたことが報じられ株価が上昇、プラテンをきっかけに一旦売却しました。

購入した銘柄では、 XOM・BP・MO・WBK・BGS・VZなどを追加しています。

VZは連続増配に魅力を感じ、下げたタイミングで購入。しかし、株価高いのでしばらくは様子見でしょうか。

XOMについてはかなり株価調整され、配当利回り5%超(37年連続増配中)とおすすめです。

2月は株価下落傾向が続くようなら、 株価買い頃になってきている XOMやTなどの連続増配銘柄を買い増ししようかなと考えています。

【ETF】高配当銘柄を買い増し

ETFの割合です。 左が1月1日時点で、右が2月1日時点です。

大きな下落を見せたSPYDとVYMを多めに買い増し、PFFはルーティンで少量追加しています。

VTIとVWOは配当利回りが低いので追加購入していません

2月もコロナウイルスの影響が続くようなら、引き続き高配当なVYM・PFF・SPYDの3銘柄を追加で購入しようと思います。

まとめ

1月はコロナウイルスの影響もあり、国内株、米国株、ETFにおいていつもより多めに資金投入しました。

そのおかげもあり、2020年の運用資産目標値まで進捗率56%と急伸しました。

ただ、国内株でやや早とちりな取引があり次回以降反省すべき点もありました。(国内株は最小ロットが100株と金額大きくなりがちなのもいけないですかね・・・。)

米国株とETFは順調に増やすことができています。

2月も引き続き下げを見せるようであれば、1月と同じくらい運用額を増やしていこうと思っています。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Ad
ボンドA++をフォロー
ボンドA++の節約術と投資術

コメント

タイトルとURLをコピーしました